企業情報

ご挨拶

  • 最新鋭の設備と技術力と営業力で、あらゆる顧客ニーズに応え、「厚物の加工=大阪鋼圧」と呼ばれる「オンリーワン」のコイルセンターを目指します。

    弊社は昭和13年創業後、技術開発の強化を徹底し、お得意先をはじめ関係各位の力強いご指導とご支援をもとに鉄鋼一筋に邁進してまいりました。また、創業以来受け継がれてきた「和を大切に」を基本方針に、人を大事にしながら幾多の風雪を乗り越え、事業の発展拡大を遂げてまいりました。

    昭和33年には川崎製鉄株式会社(現JFEスチール株式会社)の要請により、国内初となるレベラー・スリットのコンビネーションライン建設に着手。その後、2号、3号、4号と加工ラインを完成し、最新鋭の5号加工ラインはロボットによる自動刃組システムを備えた厚み12.7㎜まで加工できるスリッターラインです。
    ホットコイル(熱延帯鋼)をレベラー・スリット加工する能力において、業界でも屈指の地位を確立し、特に厚物(厚み6㎜以上の帯鋼)の加工においては、その高い技術力と信頼性で皆様から高い評価を獲得しております。

    今後は、コイルセンターとして自らの強みを存分に活かし、時代の急速な変化や顧客ニーズの多様化に迅速かつ的確に応えられる高品質な製品を提供したいと考えています。

    代表取締役 稗田 靖久

経営理念

  • 「お客様との和」

    お客様にとって無くてはならない存在として、お客様のご要望に確実にお応えいたします。

    「社会との和」

    企業活動を通じて、広く地域社会に貢献できるよう、環境および雇用機会創出に努めます。

    「社員同士の和」

    経営者と社員、社員と社員が1つの家族として、共に喜び切磋琢磨しながら成長を続けます。

    大阪鋼圧は3つの和を大切にして、皆様から信頼される会社を目指します。

page top